アフターピルの服用時、他のホルモン剤は併用できるのか

アフターピルとはコンドームなどの避妊が失敗してしまったとき、あるいはレイプなどの望まぬ性行為があった場合に緊急的に使用していく経口避妊薬です。予め準備していなくても、性行為があった後で高い避妊効果を得ることができるので、もしもの時には女性の強い味方となっていきます。
アフターピルは性行為から出来るだけ早めの服用がその避妊効果を高めるカギとなります。通常であれば性行為から72時間以内の服用がベストとされていますが、時間の経過とともにその避妊率は低下していく傾向にあるのです。そもそも、アフターピルは中絶薬ではありません。卵子が子宮内で受精すること、内膜に着床することを防ぐことはできますが、すでに受精卵となって着床が済んだ状態であればそれを防ぐことはできないのです。
アフターピルは多量の女性ホルモンを一気に摂取していくことでその避妊効果を発揮することが出来ます。そのため、アフターピル服用中は他のホルモン剤の使用は控えるのがベストといわれています。そのホルモン剤の成分によってホルモンの状態が崩れて避妊効果が薄れてしまう可能性があるのです。
医療機関で処方されるような本格的なホルモン剤はもちろんですが、市販されているようなサプリメントなどでもものによってはオススメできないケースがあります。ホルモン成分の分量によって影響が出てくる場合もあるので、不安な人はアフターピルの服用時に担当医に相談してみるといいでしょう。医師の判断があればより安心ですし、必要に応じてホルモン剤の使用を中止することも必要になってきます。望まぬ妊娠を避けていきたいというのであれば、このポイントはしっかりと押さえておくことをおすすめします。