クリニックでのアフターピル処方、プラセンタとの併用

性行為中にコンドームが破れたり、避妊に失敗した場合、さらには妊娠を望まない場合に活用することになるのがアフターピルという経口避妊薬です。このアフターピル、緊急的に避妊を行う際に服用するもので、日本では医師の処方がなければ購入することが出来ません。そのため、アフターピルを入手しようとすればまず、婦人科や産婦人科などの医療機関を受診して処方箋を出してもらわなければいけないのです。
アフターピルは通常、性行為から72時間以内に服用を開始することでその効果を発揮していきます。一度に多量の女性ホルモンを摂取することで卵子と精子が受精するのを防ぎ、望まぬ妊娠を避けることが出来るのです。女性の体は黄体ホルモンと卵胞ホルモン、この2つのホルモン成分が分泌され、作用しあって排卵を促したり、子宮を妊娠に適した状態にしていきます。アフターピルはこのホルモン分泌を行う脳下垂体という器官に勘違いをさせて、機能を止めていきます。それによってより高い避妊効果を得ることができるのです。もちろん、避妊率は100%というわけではないのですが、服用時間が早ければ早いほどその数値は高くなる傾向にあるのは事実です。
アフターピルと同じように女性ホルモンの働きを良くしていく成分としてプラセンタが知られています。プラセンタはよく美容や健康のためにサプリメントや注射などで活用されています。アフターピルと同じように女性ホルモンに作用していくプラセンタ、実はその性質上、ピルとの服用はあまりお勧めできません。一見、お互いの効果をより高めることが出来るのではと思われる人もいるかもしれませんが、医療機関で処方されるような本格的なプラセンタであれば、アフターピルの効果に影響が出てしまう可能性があるのです。今現在、プラセンタを取り入れているという人はピル服用の際、念のため、医師にその旨を相談してみてはどうでしょうか。