卵巣機能不全改善やアフターピルの役目もするプラノバール

ピルといえば、一般的には定期的に飲むことで避妊効果を得る低用量ピルと、セックスで避妊に失敗した時に妊娠を緊急回避するために飲む、中用量ピルであるアフターピルなどがありますが、中にはその役目を二つ担うピルも存在します。

プラノバールというピルは、卵巣機能不全による不妊治療などにも使用され、低用量ピルとアフターピルの両方の役目を兼ね備えています。

妊娠しないで避妊する作用があるのは他のピルと変わりませんが、その効能は普通のピルとは少し違うところがプラノバールの特徴です。

まず、アフターピルとしての役目をする場合は、セックスをしてからなるべく早く飲むことが重要で、72時間以内に服用することで高い避妊効果を得られます。
しかし、100%避妊を回避できるわけではないので、服用後に生理らしきものがなかなか始まらず、3週間経っても来ない場合は、妊娠している可能性が高いので早めに婦人科で診てもらいましょう。
もし、成功しているのであれば、早くて数日から一週間、遅くても3週間以内には生理が来るはずです。

そして、プラノバールの効能としては、生理日をコントロールできることと、卵子の温存、不妊治療です。

たとえば、長期旅行やプール、温泉などに行く日と生理がぶつかりそうな場合、予定の日と重ならないように生理が来る日をコントロールすることができます。

そして、卵子の老化が気になるけど、まだ子供は欲しくないという人に、排卵を抑制して卵子を温存できる効能があります。

また、卵巣機能不全や月経困難症など、不妊の原因となりそうな症状を改善することで、妊娠する確率を高めるのに使用されています。

しかし、卵巣機能不全や月経困難症などの改善のために飲むには、医師の指示によって飲む期間や日程なども決められますので、効果がありそうだからと、自己判断で飲むようにするのはやめましょう。