避妊方法とその種類について

避妊とは、技術や方法、道具や薬などの医薬品、手術などの手段を使って精子と卵子の着床を妨げて、妊娠を避けることの総称となります。

避妊の方法にはさまざまあり、その種類によってメリットやデメリットが存在しています。

一般的な方法としては、性器に装着して精子を膣内へ防ぐコンドーム、女性ホルモンの入った薬を毎日服用することによって排卵を抑制し、精子の子宮内の侵入を抑制したり着床しにくい状態にする経口避妊薬、手術によって精子や卵子の通路を塞いだり切断する避妊手術、子宮内に挿入して受精卵の着床を防ぐ子宮内避妊器具などが上げられます。

このような種類がありますがメリットとデメリットがあり、コンドームは感染症の予防に効果的な反面、装着ミスや破損、外れたりするなどの失敗が多く、薬によるものは女性自身で行えて正しく使用すれば失敗が少ないが、病気にかかっていると場合によっては服用できなかったり体質に合わなければ副作用などが考えられ、手術によるものは100%近く妊娠を避けることができるようになりますが、一度手術をしてしまうと通常は子どもを作ることができなくなり、子宮内で器具を使えば効果が高く、一定期間効果が持続しますが、自分では行えずに医師などに挿入してもらう必要があり、出産経験のない女性には向いていない、月経痛が悪化したり副作用やかかっている病気によっては使用できないなどのデメリットがあるのです。

排卵日を避けて性交するによって避妊できるという人もいますが、機械のように正確に排卵する人はいないため安全日という日はないため排卵日を避けても何の意味もないといわれています。

さまざまな種類がありますが、妊娠や出産は経済的にも倫理的、社会的にも大きなことです。
妊娠を目的としない性行為には不可欠で、妊娠を望むとき以外に行うのがマナーともいえます。